更年期障害が出てくる年齢とは

更年期障害が出てくる年齢とは

一般的には閉経前後の10年間を更年期と呼びます

閉経が平均50歳ですので、45歳から55歳が更年期障害のでる年齢となります。

その時期は夫の定年や親の介護、子供の就職・結婚など、人生の節目となることが多く重なる時期でもありますので、余計に精神的・肉体的にも疲れがでてきて不調を訴える時期でもあります。

閉経の時期は人によって45歳など早い方もいて個人差がありますので、40歳ぐらいでも症状がでてくる場合もあります。

関連記事

  1. 一度痛めた腰は完治するのか?

  2. パソコンを使っていて頭痛がしたときには

  3. 肩こりや片頭痛

  4. 座り仕事で姿勢が悪い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。